当社のDATEフォルダでのファイル転送では、設定や操作に難しいところはありません。 Mac/Winユーザなら使いこなせるシステム。設定はたったの3ステップでOK!

mac(マック)でのファイル転送には専門知識は一切不要!

インターネットやコンピュータ、サーバの専門知識は一切いりません。
それが「DATEフォルダ」最大の魅力です。
普段Macをご利用の皆さまなら、どなたでもカンタンにご利用いただけます。
また、「DATEフォルダ」は完全日本語対応。「DATEフォルダ」なら何の心配もなく、今すぐ利用を始められます。

Windows/Mac間のデータ共用において文字化け対策を行い、よりスムーズかつ安全にデータの共用ができます。
専用環境でかつセキュアな環境をご用意いたします。

mac(マック)でのファイル転送を行う為に「DATEフォルダ」へのアクセス

「DATEフォルダ」はアクセスも、使い方も、本当にカンタン。 たった3ステップで大容量データ共有を実現できます。

mac(マック)でのファイル転送操作:[1]Finderメニューの「移動」→「サーバへ接続」をクリック

mac(マック)でのファイル転送操作:[2]サーバアドレスを入力

ご契約時に発行する「サーバURL」を入力し、「接続」をクリックします。
マック(mac)でのファイル転送操作ポイント
このとき「+」ボタンをクリックすると、入力したサーバ アドレスを
「よく使うサーバ」に登録することができます。

mac(マック)でのファイル転送操作:[3]「名前」と「パスワード」を入力し「接続」をクリック。

表示されたダイヤログボックスに名前とパスワードを入力。
あとは接続をクリックするだけでアクセス完了。
「DATEフォルダ」のアイコンがデスクトップにマウントされます。
マック(mac)でのファイル転送操作ポイント
「名前」と「パスワード」をキーチェーンに登録しておけば、
いちいち再入力する必要はありません。
さらにエイリアスを作っておけば、ワンクリックでいつでも
「DATEフォルダ」にアクセスすることができるようになりさらに便利です。

当社のmac(マック)専用のファイル転送は、ドラッグ&ドロップのみ!

アイコンがマウントされたら、共有したいファイルをドラッグ&ドロップ。
普通のフォルダにデータを収納する感覚で、ファイルをサーバに放り込んでください。
すると自動的にコピー&アップロード開始。
コピーが終わった段階で、データはすでにアップロードされています。操作はたったこれだけでOK。
「DATEフォルダ」からファイルを削除したい場合は、対象ファイルをゴミ箱にドラッグ&ドロップしてください。

mac(マック)の当社ファイル転送を利用したお客様の声(カメラマン)

mac(マック)の当社ファイル転送を使用してみた感想:英語とネットに弱くても安心

カメラマンです。カメラと写真のコトなら何でも聞いてくれ!
と胸を張れるのですが、インターネットやコンピュータ、特に英語にはまったく自信がありません。
だから、ネット上にある外国のサービスは問題外。
撮影データを送るにも、データをいくつものフォルダに分類し、国内のファイル宅配サービスを使っていました。 撮影データをアップロードする時間の長さ、ご存知ですか?コーヒー2〜3杯は余裕です。
それがいまはドラッグ&ドロップだけでOK。
もうイライラすることも、何度もアップロードする必要もありません。「DATEフォルダ」ラブですね。